Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イタリアの夏

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イタリアの夏
 いやあ、夏ですね。
なんだかとても久しぶりにこうして落ち着いてブログを書くように思います。僕はある程度リラックスした状態じゃないとこうして物を書いたり、本を読んだりできない性格なので、東京の満員電車の中で本を読んでいる人はすごいなあと思います。
 もしかしたらそれはすし詰めのような状態からの逃避として本の中に逃げ込んでいるだけなのかもしれませんが、それでも僕にできないことをできる人は関心するばかりです。
 イタリアの夏、というタイトルで書き始めたのですが、イタリアの夏はとてもブヨブヨに伸びきっています。もうすぐ8月になりますが、イタリアは8月にはバカンスの時期で世の中は一時的に冷凍されたみたいに何にも動かなくなります。
 店もやっていないし、何かを注文しようとしても「ああ、9月からね」という感じ。すでに人々は何にも難しいことは考えたくない終業式が終わった小学生のようでもあります。日本でも年に3週間ぐらいまとめて休みが取れる仕組みがあれば社会全体のストレスもかなり軽減されるとおもうのですが、おそらく無理でしょうね。
 逆にこの国はこんなんでよく先進国として機能しているなと良く思います。イタリア人の多くはこのバカンスを待ちわびている人も多く、お金を借りてでもバカンスに行くというので有名?です。
 この厳しい経済不況でも彼らは出かけるんでしょうか?たぶん出かけるんだろうと思います。南イタリアの人々はバカンスの時期を中心にして一年の半分はびっちりは働いて、あとはのんびり暮らすという生活スタイルも珍しくないみたいです。まあ、イタリア式びっちり働くなのでそれほどでもないでしょうけど、それで生活が成り立つというのもすごいです。
 なんだかアリとキリギリスみたいな話ですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す