Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

イタリアの海と写真

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - イタリアの海と写真
 人は生きてゆくにあたって長年ため込んだ願望というものがあると思いますが、僕にとって自分で「チンクエテッレ」に行くという約4年越しの思いがありました。
 今はミラノにてこうして書いているわけですが、終わってみるとあっけないものです。
 長年行けなかった理由は、まずミラノから外へ出るためには環状線に乗ってそれから高速に乗り換えるわけですが、今まで乗っていたバイクと車の性能では辿り着く自信がなかったためずっと海を夢見ていました。今回車を買い換えたので行くことにしましたが、それはただのいいわけで、もしかしたらインドに呼ばれるとか、イタリアに呼ばれるとか、そうゆうきっかけがなかっただけかもしれません。
 僕は長年海の近くで育ったためよく意味もなくふらふらと海を見に出かけていましたが、こうしてミラノにきて海のない生活に慣れるのにもずいぶんと時間がかかったように思います。
 なんにでも自分のテリトリーのようなものがあるように、今回はチンクエテッレを自分のテリトリーにしようという目的があったわけですが、正直なところ全然親しみがもてるような出会いではありませんでした。
 それは僕がどんよりとしてひとりぼっちの日本海にひたすら通い続けたからなのか、イタリアの海がツーリスティクすぎるのか、まあ、どっちもあるかと思いますが、あまり海と向かい合ったという感触は僕の中に生まれませんでした。
  DSC_5811_convert_20110519193132.jpg
 さすがに世界遺産ということもあり、いろいろな言語が飛び交い、こうゆう中途半端な時期ですがかなり多くの観光客がいました。
 夏になるとミラノからジェノバ方面の海に行く人が多く、週末などは帰省のためかなりの渋滞となるそうです。それにチンクエテッレあたりは道がとても入り組んでいるので車の移動はかなり難しく電車のほうがいいとか。
 僕は海に行ってカモメの写真を撮ることを人生の生きがいのひとつにしているのですが、それは僕がリチャードバックの「かもめのジョナサン」という小説が好きなのと、チックコレアの「リターントゥフォーエバー」というアルバムが好きなことに関係しているのかもしれません。
 今回は残念ながら気に入ったものは撮れませんでした。ま、動物が相手なのでこれは運もあるかと思います。
 運と写真と言えば、僕がデジタル一眼レフを買ったばかり頃に撮った一枚の写真があります。写真というものも偶然や運という要素がとても重要なことのように思います。
 僕がたまたま撮ったこの一枚の写真は、僕が撮ったという感覚はなく、たまたまそこに美しいものが写っていたという感じで狙ったわけではありません。これは石川県の千里浜にて撮影しました。
 でもまたこうゆう世界の一面を撮れるようこれからも写真を撮りたいと思います。
 縺九b繧\convert_20110519193233

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. tokiiro より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    日本の風景(色とか匂いとか)と、ここLAは違うけれど、どこかに今まで過ごした故郷と同じ環境を求めるのか、私の場合、緑多い町を基準にアパート探しをしました。故郷で子供のころ通学していた学校の景色が今でも頭に焼き付いていて、春になると、桜のアーチをくぐり抜けて教室へ向かったあの景色って今でも忘れられません。ここLAで桜は無理だけれど、緑に囲まれて暮らしているととっても心地良いです。リビングの窓から見える山が、実家の自分の部屋から見える山に似ていて。。そういう潜在意識ってあるんでしょうね。
    カモメの写真は色がとってもキレイですね!

  2. tatsu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    tokiiro さん
    どうも、お久しぶりですね。
    やはり育った環境というのは何かしら影響を与えますし、似たような環境がどうしても落ち着くのかもしれませんね。
    僕もまたいつかは海の近くで暮らしたいと思っています。
    そちらもお元気でお過ごしください。

  3. chiko より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    佐竹さんの写真から音を感じます。
    目に見えない力で引きずり込まれるような鋭い感性を感じます。
    キースジャレットで白ワインを飲みたくなりました。

  4. tatsu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    chiko さん
    どうも、佐武です。
    これから冷たい白ワインがおいしい季節になってきますね。
    僕はキースジャレットレットなら「ケルンコンサート」が好きです。
    そちらもお元気で。

コメントを残す