Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

オスとメスの小競り合い(ジャポーネ IN イタリア)

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - オスとメスの小競り合い(ジャポーネ IN イタリア)
 先週からミラノドゥオーモ横のPalazzo Realeで「春画展」を開催しています。
 http://www.mostrashunga.it/
 この前の音楽祭といいなんだか今年のミラノは日本の催しが多いですね。
 昨日友人の作家ジャンニに誘われて一緒に「春画展」に行ってきました。
北斎、歌麿など国宝級の春画が展示されています。それに数点ですが江戸時代の着物も展示されていました。
 この春画がヨーロッパに渡った当時、春画に描かれている「もの」があまりにも大きいのでみんな日本人の「もの」はとても大きいのだと誤解したそうですね。確かにすごいです。
 僕が行ったときに美術館に訪れている人はほとんどがかなり年配の方ばかりでした。まあ、ジャンニも結構年配なのですけどね。
 その中に若くてとても綺麗な人がひとりだけいました。僕と彼女はたまたまひとつの絵をじっくりと並んで見る瞬間がありました。
「悪いけど、僕のはこんなに大きくないからね」とよっぽど言おうかと思ったのですが、まあ、言わなくて良かったのでしょう。
 今回はこんなネタですいません…。

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Jacqueline より:

    SECRET: 0
    PASS: 6aaf9f91c16f530599e96d86d5d0d7a8
    このネタにコメント…って、と思わないでもなかったのですが、
    実は、雑誌でミラノの春画の記事を読んで、行ければと思っていたので、コメントを(笑)
    (モネ展は行けなかったのに。。)
    ジェノヴァのキヨッソーネ東洋美術館からも行っている作品や着物などあるんでしょうかねぇ?
    春画の一般公開って日本では禁止だったそうですが、さすがに今はそうではないのでは?と思いますが、どうなんでしょう。

  2. tatsu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    jacqueline さん
    たしかにこのネタに食らいついてくる人は他にはいないみたいですね。
    僕は実はまだジェノバには行ったことがないのでよくわからないです、すいません。
    春画の公開って日本では禁止だったんですね。今では、どうなんでしょう?それと芸術としてとらえてくれるのか、そのへんの問題ですかね?

コメントを残す