Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラノの春

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ミラノの春
気が付けばもう3月で、今年ももう2カ月が過ぎたことになります。
このウサギはバリ島にて撮影したものですが、1月に行ったバリ島がもうずいぶん前のことのように思えます。干支の動物が縁起がいいというのは正月ぐらいのもので、春の風が吹き始めるとそんなもの誰も気にしていないのかもしれません。
 ついこの間まで日中は暖かくなる日もあり、春の訪れがやってきたような気もしていましたがここ数日は雨が続き、週間天気予報では雪マークさえついています。ミラノの春はいつくるのでしょうか?
 僕のイメージとしての日本の春はある日突然とても風の強い1日があって、その風の中に匂いも記憶もすべて詰まっているような「春一番」と呼ばれる風が吹く日に「ああ、春だな」とよく思ったのを覚えています。幾ら年月を重ねても、その風の中にはいろんな思い出があってまるで花が開くようにいろいろな春の思い出がその中から湧き出てくるような感じがしました。思い出や記憶というものは目に見えない匂いや感覚というものとどこかで深く結びついているのだと思います。
 
DSC_1982_convert_20110303074700.jpg
今日はミラノのドウォーモ横で開催されている「ミラノ印象派展」に行ってきました。
 僕はすごい絵を目の前にすると脳味噌の右上のあたりがビリビリとしびれて涙まで出てくるのですが、そうゆう絵がたくさんありました。
 個人的にはルノアールとモネがやっぱり、いいなあと思いました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す