Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラノサローネ特集2011「マルニ木工」

 今年で創業83年を迎える日本の木工家具メーカーのマルニ木工は、ミラノサローネ本会場フィエラにてマルニコレクション2011を発表した。ミラノサローネ3年連続の出展を果たしたマルニ木工は2008年から引き続く深澤直人氏デザインの椅子とテーブルに加え、今年はイギリス出身のジャスパーモリソン氏(Jasper Morrison)の作品も出展。シンプルであり続けることがいかに難しいかという哲学をもった世界的有名なデザイナー2人の作品が並んだということもあり注目を集めた。
 決して日本的なテイストを押し出すわけではなく、長年培われた緻密な製法とそれを支える日本の木工技術が世界に通じる新しい定番商品を作りたいというマルニの信念とがぶつかり合った結果とも言える作品群は、ヨーロッパで木工が有名な北欧の人々からの称賛を持って迎えられたようだった。
maruni 1
2011新作。手前:Jasper Morrison氏のLigthwood。奥:深澤直人氏のRoundish。
maruni 2
定番商品である深澤直人氏のHIROSHIMAも展示された。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す