Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミラノ・サローネ2010 No.10 荒尾 直実(naomi arao)

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - ミラノ・サローネ2010 No.10  荒尾 直実(naomi arao)
ミラノ・サローネ2010サテリテ部門出場のデザインチームILLIRICO BANK
 3人目の紹介です。
 荒尾 直実(naomi arao) プロダクトデザイナー
1982年生まれ。美術大学にて製品デザインを学び、家庭用品メーカーにて勤務。デザイナーとしていくつかの商品を企画、デザインした。かつてから憧れていたイタリアンデザインを学ぶためにイタリアに。デザインで感銘を受けることも多いが、イタリアに生活している中で、周囲の人やその生活の仕方から刺激を受けることが多い。
ミラノの生活の中では、トラムに乗ってる時間が好きです。
 
佐武「作品のコンセプトやどこから発生したイメージなのかを教えてもらえますか?」
荒尾「作品名は『-KONOHA-』Fu-wa と落ちた木の葉のイス。地面に落ちた葉のような、つぶれてもまた形の戻る、やわらかで軽やかなイス。2枚の板をはさみ合わせるだけのシンプルな構造です」
佐武「何か作品を作る工程の苦労、アイデアなどあれば聞かせてください」
荒尾「最初、今回ほど漠然としたものからイメージを絞る、作品を作るまでイメージをふくらますのが難しかったです。ある意味なんでも良いということで自由すぎたので。それと木というものを素材に選んだので、木を曲げるときに強力な樹脂の接着剤を使用したため肌が荒れました。構造がシンプルで、木のしなやかさ、運びやすさ、解体できる作品なので素材の特性を生かせたのでよかったと思います。木という素材を選んでプロダクトを作ったのは初めてでしたが、木というものに潜む自然の可能性というものに触れたような気がします。風合いに染まる、その人の使い方によって味が出てくる。そうゆう素材の勉強にもなりました」

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. mari より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。ミラノ・サローネ2010とは、ミラノのどこで開催されますか?それには一般人は、見る事は可能ですか?

  2. tatsu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    mari さん
    良かったら
    http://www.amoitalia.com/milano/milano_salone.html
     こちらをご参考ください。
     フォーリサローネは街中全体ですが、主な展示イベントなどはPT、ジェノバ近くトルトーナ地区にてやってます。

コメントを残す