Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

娘とミラノ

 9月も始まり、ようやく涼しくなってきました。
僕は無事に自分の家に戻り、一年半ぶりに作品を書き始めたのですが、急に娘が入院し、このところバタバタしていました。
 とりあえずはただの風邪だったので、今日退院したのですが、僕は娘の出産以来始めてイタリアの病院に行ったので同時に母のことを少し思い出しました。
 僕の場合、娘がミラノにいるためにここに住んでいるのですが、もし母親がまだ生きていたら日本に帰るという選択肢も僕の中にあったはずです。しかし日本の象徴である「母」という人がいない以上、僕は娘と生きてゆくという選択肢しか今のところないのです。
 相変わらず「生きてりゃなんとかなる」という感じで、一日一日をなんとかやっています。
 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. オージ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    執筆がんばってください。
    遠い日本から応援してます。

  2. tatsu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     オージーさん 
     コメントありがとうございます。
     やっぱり名前の由来はオーストアリアから来ているのでしょうか?
     最近誰もコメントを書いてくれないので、とても嬉しかったです。
     もうすぐ短編が完成です。
    がんばります。
     オー、オー、オー

  3. pirika より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    今晩、日本は中秋の名月でした。
    空気の湿度が下がって、冴えた月が強い光をはなっていました。
    素敵な月です。
    お仕事、がんばってみてください。
    楽しくなるといいですね。

  4. tatsu より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    pirika さん
    素敵な月の描写をありがとう。
    がんばってみます

コメントを残す