Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

9月のミラノ

いよいよ9月も始まり、仕事に取り掛からなくてはいけない。考えても始まらないからとりあえず前に進んでみようと思う。
 しかし8月にはいろいろなことが起こった。今までの人々の関係のバランスが大きく変わってしまった。それは良いことなのかもしれないけど、今はまだそのバランスのなかにうまく自分を馴染ませられないでいる。見なくても良かった人の側面が目の前にある。
 僕はそれでも少し僕自身を取り戻したような気がする。それがまた別の場所だとしていも僕はそこに身を横たえ、移りゆく季節の風を少しずつ書き込んでゆくしかない。
 そう考えると僕はあの8月にいろいろなものを放り投げたのかもしれない。中途半端なやさしさや、曖昧な果実のような酸っぱさを。それはそれで起こったことなのだからしょうがない。とにかくもうそこへは戻れないのだから。
 仕事用の文章がなかなか書く気になれないのでこうして散文を書いています。というよりもどんな文章もまだあまり書く気になれない。欲求というものが枯渇しているのだ。
 でも僅かながらそこから新しい水が湧き出してきそうな予感というものはある。それは今までになかったことだ。
 仕事のことは催促もきていないので、ボチボチやるとして、少しずつこうして書くことをまた日課にすればいいのかもしれない。何よりもそれが一番大事なことなのだ。
 最近は人を信じられなくなってきた。誰も彼もが嘘つきのような気さえする。それは僕が病んでいるということなのか、今のところ世界はその軸を中心として回転しているのか、そこのところは僕にはよくわからない。
 ただひとつ言えることは、今こうしてそれが言えるということはそれはすでに終わりつつあるということだ。何かが表面化してくるまでには長い時間がかかる。それがある「形」となって出てくるということはそれを理解する時期にさしかかっているということでもある。僕はまた人間としての過ちを認め、渦のなかに流し込んでゆく。
 そこには何が映るのだろう?
9月の夕暮れの不安定な空だろうか?
夏が死んでゆき、町中に静かなささやきが戻ってくる。僕は聞こえない音を捜し求め、冷たい水が僕を濡らし、新しい季節がやってくるのを待っている。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す