絶景のバローロ畑が見渡せるトラディショナルレストラン「Locanda in Cannubi 」

レストラン「Locanda in Cannubi」

こちらのレストラン「Locanda in Cannubi 」はバローロのほぼ中心に位置し、Cannubi(カンヌビ)と呼ばれるバローロの中でも非常に有名な畑の傍に隣接しています。メニュー自体はバローロ地域のトラディショナルなもので、サービスも良く少し高級感が漂う落ち着いたレストラン。料金体系は前菜、パスタ、14ユーロ~と内容にしてはとてもリーズナブル。

レストラン「Locanda in Cannubi」

こちらの売りはなんと言ってもバローロ畑を眺めながら優雅な食事ができること。訪れた日はあいにくのお天気でしたが、晴れた日は素晴らしい景色が一望できます。

ピエモンテ州の郷土料理を堪能しよう

レストラン「Locanda in Cannubi」

こちらは前菜の盛り合わせ。郷土料理の牛の生肉、ビテッロトンナートなど、この地方ならではの繊細な味付けは見事というしかありません。

レストラン「Locanda in Cannubi」

こちらも郷土料理の玉ねぎとソーセジのオーブン焼き。中にはクリーミーなソースが入っていてこれも至高の一品です。14ユーロ。

土地のワインとのマリアージュをお楽しみください

レストラン「Locanda in Cannubi」

有名なトリュフの生産地ということもあり、秋ごろに訪れると、肉料理、パスタ、リゾットなどには白トリュフがけもできます。トリュフは季節により黒もあり、郷土のワインとの相性は抜群です。

レストラン「Locanda in Cannubi」

こちらは珍しい栗が練りこんであるタリアテッレに赤エビのパスタ。丁寧に仕込みがされているのがよくわかる、白ワインにも合う一品です。18ユーロ。

繊細な味付けの料理の数々

レストラン「Locanda in Cannubi」

イノシシ肉のポレンタ添え。16ユーロ。うさぎ、羊、などのジビエ料理もこの地方の郷土料理として知られています。やはりフランスに近いこともあってか イタリアでも随一の美食の地方として知られるこの地方の料理は繊細で日本人の舌にも合います。

レストラン「Locanda in Cannubi」

梨とチョコレートのデザート、9ユーロ。この内容でこのお値段なら納得のレストランではないでしょうか。

レストラン「Locanda in Cannubi 」

レストラン「Locanda in Cannubi」
yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 絶景のバローロ畑が見渡せるトラディショナルレストラン「Locanda in Cannubi 」

ミラノ発日帰りバローロワイナリーツアー

ミラノ発日帰りピエモンテ州バローロワイナリーツアー。ご希望の訪問ワイナリーもリクエスト可能です。世界遺産に登録されているイタリアの高級ワイン産地のバローロ、バルバレスコを巡る満足度の高いツアーです。委細は以下ページをご参照ください。


バローロワイナリーツアー

SNSでもご購読できます。

コメントを残す