Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

入場無料の近代美術館ハンガービコッカ(HangarBicocca)

ピレッリ(Pirelli )財団が運営する美術館

美術館の外観(ミラノ市内美術館「ハンガービコッカ(HangarBicocca)」)

この美術館は2004年、イタリアで有名なタイヤメーカーピレッリ(Pirelli )財団が運営する美術館としてオープンしました。ミラノ市北郊外のビコッカ地域に位置しますが、かつてこの一帯は鉄鋼業として栄えたBreda社が所有する地域でした。現在ではミラノ市北公園などに再開発された地域。

かつての鉄工場を改装した展示スペースは1500平方メートルにもおよび、常設展、企画展を開催しています。

内観(ミラノ市内美術館「ハンガービコッカ(HangarBicocca)」)

企画展のテーマはさまざま、世界各地の近代アートが展示されています。

広大なスペースに世界中の近代アートを展示(ミラノ市内美術館「ハンガービコッカ(HangarBicocca)」)

特徴的なのはこの展示スペース。工場の骨組みを残し、広大なスペースに作品が展示されています。ある時には真っ暗闇の場合もあり、そういった演出ができるのもここならではの展示と言えそうです

ドラム缶を使用したアート作品(ミラノ市内美術館「ハンガービコッカ(HangarBicocca)」)
ドラム缶の中に入ると穴が開いており、星のひかりのように見えるアート

大迫力の常設展示

高く積み上げられた展示物(ミラノ市内美術館「ハンガービコッカ(HangarBicocca)」)

常設展になっているのはAnselm Kiefer作の「I Sette Palazzi Celesti 」(天の7つの宮殿)と題された大きな作品。

高く積み上げられた展示物がいくつも並ぶ(ミラノ市内美術館「ハンガービコッカ(HangarBicocca)」)

この展示スペースならではの迫力ある作品です。

Pirelli HangarBicocca

yH5BAEAAAAALAAAAAABAAEAAAIBRAA7 - 入場無料の近代美術館ハンガービコッカ(HangarBicocca)

ミラノのお勧めホテル30選!

その街の印象を決めると言っても過言ではない宿泊先。その中でもやはりホテル選びはとても重要で、自分の旅行スタイルに合わせたホテル選びが肝心です。アゴダなどホテル格安サイトを利用してお得に予約しましょう。


ミラノお勧めホテル30選!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す